6号機 ファンキージャグラー2(ベース&ブドウ確率概算)

6号機のジャグラーシリーズ第2弾としまして、ついにファンキージャグラー2が市場に導入されました。

この記事を書いている段階で、ようやく私の地域にも導入されました。

現状では、ボーナス確率と機械割が各種パチスロサイトに公開されておりますが、設定差があるであろう「ベース」「小役確率(主にブドウ確率)」はまだ解析や公表はされておりません。

今回の記事では、導入されたばかりで、まだ小役関連数値が未知数でもある6号機ファンキージャグラー2の「ベースとブドウ確率」について見ていきたいと思います。

なお、既に公表されているボーナス確率と機械割を基に、独自に逆算して算出した概算値でもあり、実際の解析値とは異なる可能性がありますので、あくまでも参考程度に見てもらえればと思います。

スペック比較

まずは「5号機ファンキージャグラー」と「6号機ファンキージャグラー2」のスペック表を添付しておきます。

※機械割1⇒メーカー発表値
※機械割2⇒フル攻略推定値(全小役奪取、ボーナス即揃え、ブドウ抜きあり)

5号機ファンキージャグラーと6号機ファンキージャグラー2のスペックを比較してわかることは
・ボーナス確率が軽くなった
・機械割に大きな差異はない

と言えます。

ベース比較

次に「5号機ファンキージャグラー」と「6号機ファンキージャグラー2」のベースについて比較していきたいと思います。なお、ベース算出は独自で逆算したざっくりした数値ですので、本当の解析値と多少のズレがあるかもしれません。

なお、ベースは機械割2(フル攻略推定値)を基に逆算しております。

ベース計算の詳細は以下記事を参考にしてください。
【ノーマル機におけるベース逆算術】

5号機ファンキージャグラーでは約35回転/千円だったのが、6号機ファンキージャグラー2では約45回転/千円となり、回りが良くなり、遊びやすくなったとも言えます。

5号機ファンキージャグラーと6号機ファンキージャグラー2のベースを比較してわかることは
・ベースが若干良くなった
と言えます。

ブドウ確率比較

最後に、設定差があるであろう、かつ、設定看破要素の1つになりうる、「ブドウ確率」を比較していきたいと思います。

なお、6号機ファンキージャグラー2においては、記事を書いている現段階では、小役確率は一切不明となっております。

なので、今回算出したブドウ確率は、「チェリー確率」「ピエロ確率」「ベル確率」「リプレイ確率」を全て5号機ファンキージャグラーの数値で代用して逆算したものとなります。

なお、ブドウ確率は機械割2(フル攻略推定値)を基に逆算しております。

補足として、5号機ファンキージャグラーのブドウ確率は、
設定1 : 1/6.33
設定2 : 1/6.31
設定3 : 1/6.25
設定4 : 1/6.22
設定5 : 1/6.17
設定6 : 1/6.09
で、払出枚数は3枚掛け7枚となっています。

6号機ファンキージャグラー2のブドウ確率(概算)は上記表の赤色セル部分で、
設定1~設定6 : 約1/5.88~約1/5.61
となり、5号機ファンキージャグラーよりも確率が良くなっており、払出枚数は3枚掛け8枚となっています。

ブドウ以外の小役確率は、5号機ファンキージャグラーの小役確率そのままを使用したため、チェリー確率、ピエロ確率、ベル確率次第では、ブドウ確率が変わってくるかと思います。

また、フル攻略時の機械割が推定値なので、それ次第でもブドウ確率が変わってくるかと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です