パチンコ機に搭載されて欲しい機能

遊タイム付きパチンコ機がホールに設置されるようになってから、パチンコを狙い打つ頻度が増えつつあると感じます。

昔のパチンコ機と言えば、天井機能といった救済機能は搭載されておらず、言わば「青天井仕様」だったため、いつ当たるか分からない恐怖がありました。故に、いくら千円あたりの回転数がボーダーラインを超えていたとしても、当たりが保証されていないため、打つ頻度はかなり低かったです。

さて、前置きが少し長くなりましたが、「遊タイム」が搭載されるようになってから、パチンコを打つ際の安心感は増えましたが、1つだけ理不尽な事が未だに存在します。

理不尽な事とは、「千円入れても抽選されない場合がある」ことです。

パチスロなら、基本的に3枚で1回転は回せるので、千円で50枚の貸しメダルなら、最低16回転は回り、最低16回分の何かしらの抽選が受けれます。

一方のパチンコの場合、釘、風車、ステージ、盤面の傾きなどの影響で、千円入れても1回もスタートチャッカーに入らず、1回も抽選を受けれない可能性があります。

これって理不尽な事ですよ。はっきり言って。

そんな思いもあり、いずれ規則等で改良してくれたらありがたい、「パチンコ機に搭載されて欲しい機能」を以下に挙げてみます。

搭載されて欲しい機能

打ち込み玉250発(4パチなら千円分)で、1回もスタートチャッカーに入らず、1回も抽選を受けれなかった場合、特定の玉数がスタートチャッカーに入るまで(特定の回数分、抽選が受けれるまで)、電チューサポートなどで、打ち込み玉の消費をストップさせ、かつ、抽選を受けれる機能。

要は、「吸い込み玉数によるプチ時短機能」

千円で最低でも10回の抽選は受けさせて欲しい。このように思っている方は少なくないはずなので、いずれ、将来的にこのような機能が搭載されれば嬉しいですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です