パチンコ カスタム機能の有効活用法

昨今のパチンコ機において、カスタム機能を搭載した機種が増えており、カスタム機能が主流になりつつあります。

今回の記事では、「カスタム機能の有効活用法」について簡単にお話をしていきたいと思います。

カスタム機能とは

そもそもカスタム機能とは、どのような機能なのかについてまずは見ていきたいと思います。

カスタム機能を簡単に言えば、
「遊技機の一部の演出バランスを打ち手好みに設定できる機能」
です。

カスタム機能の例を以下に挙げてみます。

保留変化チャンス機能

青、緑、紫、赤保留に変化するとチャンス。
要は、保留の色が変われば当たり信頼度が上がる。
その分、保留の色変化が起こりにくくなる。

色保留出現チャンス機能

青、緑、紫、赤保留の信頼度が大幅にUP。
要は、色付きの保留が出現すれば当たり信頼度が大幅に上がる。
その分、色付き保留が出現しにくくなる。

特定予告演出チャンス機能

特定の予告演出の信頼度が大幅にUP。
要は、特定の予告演出が発生すれば当たり信頼度が大幅に上がる。
その分、特定の予告演出が発生しにくくなる。

保留先読みチャンス機能

保留先読み演出の信頼度が大幅にUP。
要は、保留先読み演出が発生すれば当たり信頼度が大幅に上がる。
その分、保留先読み演出が発生しにくくなる。

カスタム機能の有効活用法

上でカスタム機能の一例を見ていきましたが、次に、カスタム機能の有効活用法について見ていきたいと思います。

そもそものカスタム機能搭載の目的としては、カスタム機能で演出のバランスを打ち手好みに調整して、打ち手好みに一喜一憂させ、なるべく飽きさせないためにメーカーが搭載した「演出バランス調整機能」でもあります。

ただ、その一方で、演出バランスを調整するだけでなく、「消費玉削減」としても有効活用できます。

具体的には、上記で挙げたカスタム機能の設定をONにしたり、信頼度を100%に設定すれば、保留変化発生、色付き保留出現、先読み発生、これらすべてが激アツとなり、当たっている可能性が高まります

当たっている可能性が高まるということは、玉を打ち出して保留を貯める行為が無駄になる可能性も高まるので、消費玉を削減することが可能となります。

仮に250玉(千円)でベース15の機種の場合、約16.5玉消費で1回転(1保留)となり、等価換算なら、1回の初当たりにつき約66円抑えることが可能になります。

まとめ

カスタム機能を有効活用すれば、消費玉削減が可能

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です