6号機 新ハナビ(機械割を左右させるポイント)

前回の記事では、新ハナビは激甘台であることをお話しましたが、今回の記事では、その中でも機械割100%超えを大きく左右させるポイントについてお話をしていきたいと思います。

機械割100%超えを大きく左右させるポイント

機械割100%超えを大きく左右させるポイントとしましては、
 ・通常時の小役全取得
・ボーナス察知迅速揃え
・ハナビチャレンジ中のRT外し
・RB中の15枚役全取得

の4点が挙げられます。

それぞれのポイントについて簡単に見ていきたいと思います。

通常時の小役全取得

目押しを要する取りこぼし小役は、チェリー(4枚役)と氷(8枚役)があります。いずれも、通常時は高確率で成立するので、何回も取りこぼしてしまうと機械割を大きく下げてしまいます。

リーチ目用の1枚役を100%取得するのは困難で、頻度も低く、機械割を大きく下げる要因にはならないので、リーチ目役は無視しても大丈夫です。

ボーナス察知迅速揃え

リーチ目を察知したら迅速にボーナスの種別を判別して揃えることです。ボーナス察知が遅く、ボーナス種別の判別にも数プレイ要するようだと、機械割をわずかではありますが下げる事になります。

ハナビチャレンジ中のRT外し

ハナビチャレンジ中のRT外しが出来ずに、すぐに(BIG終了後8回転以内に)RT移行リプレイを入賞させるようだと、機械割を下げる要因となります。

ハナビチャレンジ中もリプレイ確率が上昇しているRT中なので、1Gでも早くハナビゲームに突入させてしまうと、メダル無消費区間を減らしていることになり、1G当たり約3枚欠損します。

また、残り8GからRT移行リプレイを入賞させるのが最良ですが、パンクのリスクが意外と高いので、残り10GからRT移行リプレイを入賞させても問題ないです。(パンクでのRT20G欠損の方が痛いので)

RB中の15枚役全取得

今回の新ハナビの肝となる技術介入ポイントでもあります。

予告音非発生時は、
① 中リールファースト停止から上中段に氷(2コマ)目押し
② 左リールセカンド停止から上中段に氷(2コマ)目押し
③ 右リールサード停止から赤7下段~枠枠下で氷(3コマ)目押し
で15枚が獲得できます。

目押しをミスると、4枚or6枚の獲得になってしまうので、1回の目押しミスで9枚~11枚の欠損が生じます。

また、RB中は8回の小役入賞又は12G消化で終了してしまうので、目押しミスからの枚数調整で欠損を抑えることはできません。

そして、技術介入の頻度は1枚役入賞回避を除いても、ほぼほぼ8回上記目押しをすることになるので、目押しが全くできないと、1回のRBで最大72枚~88枚の差が生まれることになります。

まとめ

機械割を左右させるポイント

・通常時の小役全取得
・RB中の15枚役全取得
・ハナビチャレンジ中のRT外し
・ボーナス察知迅速揃え

上の項目ほど機械割を大きく左右させます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です