有利区間3000Gについて

パチスロ新基準6.2号機の一発目の機種として、コナミアミューズメントからマジカルハロウィンの最新機種が適合し、近々市場に登場します。この6.2号機の主な注目点(変更点)としましては、従来の6号機での有利区間が1500Gだったのに対し、「有利区間が3000G」に延長された点でもあります。

今回の記事では、有利区間が3000Gに延長されたことによる、メリットやデメリットに関して、独自考察を含めて簡単に思い浮かぶ事をお話していきたいと思います。

有利区間3000Gのメリット

まず初めに、有利区間が3000Gに延長されたことによるメリットについて考察していきたいと思います。

2400枚の完走率が高まる

6.1号機までの低純増(約3枚/1G)タイプのAT機では、残り有利区間ゲーム数の関係上、天井から2400枚のフル完走ができなかったが可能となります。

バジリスク絆2を例にすると、天井800GからBTに当選した場合、残り有利区間は約700Gなので、純増枚数約3枚を乗算すると、約2100枚が上限となり、2400枚のフル完走は不可能でした。

バジリスク絆2を有利区間3000Gとして、スペックはそのままにした場合、天井BT当選後の残り有利区間は約2200Gもあるので、余裕で2400枚完走できることになります。

言えることは、有利区間3000Gになったことで、どこからでも2400枚フル完走を目指せる機種が増えることです。

A+ART機の復活

5号機A+ART機の代表機種でもある、新鬼武者やエウレカセブンのようなA+ART機が6号機として出せるように(出しやすく)なります。

有利区間1500GのA+ART機は、ゲーム性的に破綻してしまいます。そもそも、A+ART機自体の純増枚数が低いので、ART消化にどうしてもゲーム数を要し、かつ、リアルボーナス中も有利区間ゲーム数が消化されるため、1500Gの有利区間でA+ARTのゲーム性を落とし込むのが難しいと言えます。

有利区間3000Gなら、ART消化、リアルボーナス消化、ART前兆、ART天井を全てまかなえるほどの有利区間ゲーム数があるため、ゲーム性的に落とし込みやすくなると言えます。

有利区間3000Gのデメリット

次に、有利区間が3000Gに延長されたことによるデメリットについて考察していきたいと思います。

時間効率が悪い機種が増える

有利区間が1500Gから3000Gに延長されると言うことは、裏を返せば、時間効率が悪くなるとも言えます。

6.1号機までのAT機なら、天井が最大1000Gほどですが、6.2号機のAT機やART機になった場合、有利区間もたっぷり残っているので、最大天井1500Gや2000Gの機種が登場する可能性が高まります。

また、A+ART機が復活するようになり、ART前兆での減算区間の滞在率が高まることにより、出玉速度は緩やかになり、閉店前などは打ちづらくなります。

ピンポイント狙い目が減る

6.1号機までのAT機なら、有利区間が1500Gと短く限定されており、狙い目となる打ち出しポイントが分かりやすいスペックの機種が多く、立ち回りがしやすいと言えます。

一方で、有利区間が3000Gになると、ゲーム性の幅が広がる事で、狙い目となる打ち出しポイントが分散されそうで、立ち回りがしづらくなると思われます。

まとめ

有利区間3000Gメリット
・2400枚の完走率が高まる
・A+ART機の復活

有利区間3000Gデメリット
・時間効率が悪い機種が増える
・ピンポイント狙い目が減る

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です