パチスロで負ける立ち回りと改善法

この記事は、「期待値pmチャンネル」の動画ネタを、改めて記事として落とし込んだものです。

今回の記事は、「パチスロで負ける立ち回りと改善法」についての内容となります。なお、私自身が負けていた頃の立ち回りを紹介し、それの改善法についてお話していきたいと思います。

負ける立ち回り① 打つ台の知識が無い

打つ台の知識が無いとどうなるのか?と言いますと、

・当たりにくい所から打ち出し、無駄な投資をしてしまう
・ヤメ時を知らず、ハイエナの餌になってしまう
・設定示唆を見逃し、高設定を捨ててしまう

などが挙げられます。

知識が無いと、「知識介入を要する機種で大欠損をしてしまう」ことに繋がります。では、「知識が無くて負ける立ち回り」を勝つに変えるにはどうすればいいか?

ずばり、「打つ台の知識を持つ」ことです。

「打つ台の知識を持つ」とはどういうことか?と言いますと、

・当たりやすい所から打ち出し、無駄な投資を少なくする!
・ヤメ時を知り、ハイエナの餌にならないようにする!
・設定示唆を見逃さず、高設定を取りこぼさない!

などが挙げられます。

情報化社会でもある昨今においては、知識介入は必須とも言えます。

負ける立ち回り② 目押しなどの技術力が無い

目押しなどの技術力が無いとどうなるのか?と言いますと、

・ボーナスが揃えられずメダルロスをしてしまう
・小役を取りこぼすことでメダルロスをしてしまう
・技術介入機で機械割を下げてしまう

などが挙げられます。

技術が無いと、「技術介入を要する機種でじわじわ欠損をしてしまう」ことに繋がります。では、「目押しなどの技術力が無くて負ける立ち回り」を勝つに変えるにはどうすればいいか?

ずばり、「目押しなどの技術力を持つ」ことです。

「目押しなどの技術力を持つ」とはどういうことか?と言いますと、

・ボーナスを迅速に揃えてメダルロスを無くす!
・小役の取りこぼしを無くしメダルロスも無くす!
・技術介入機で機械割を上げる!

などが挙げられます。

目押しなどの技術力を高めるには、ある程度の訓練や経験が必要です。また、技術介入は、「塵も積もれば山となる」くらいに バカにできない努力要素とも言えます。

負ける立ち回り③ 忍耐力や自制心が無い

忍耐力や自制心が無いとどうなるのか?と言いますと、

・適当な台に座ってしまい、挙句の果て負けてしまう
・少量のメダルを流せずに、全部無くしてしまう
・熱くなって、正常な判断が出来なくなってしまう

などが挙げられます。

忍耐力や自制心とは言わば精神力です。「精神介入をしないと心身ともに欠損をしてしまう」ことに繋がります。では、「忍耐力や自制心が無くて負ける立ち回り」を勝つに変えるにはどうすればいいか?

ずばり、「忍耐力や自制心を持つ」ことです。

「忍耐力や自制心を持つ」とはどういうことか?と言いますと、

・適当な台に座らず、勝てる根拠のある台を選択!
・少量のメダルでも流し、会員カードなどに残す!
・常に冷静な判断でパチスロと向き合う!

などが挙げられます。

精神介入は、冷静な立ち回りをする上でも大事な要素とも言えます。

まとめ

負ける立ち回りと改善法

「打つ台の知識が無いのなら、打つ台の知識を持つ」
「目押しなどの技術力が無いのなら、目押しなどの技術力を持つ」
「忍耐力や自制心が無いのなら、忍耐力や自制心を持つ」

勝ち負けは表裏一体とも言える。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です