6号機 良いとこ

この記事は、「期待値pmチャンネル」の動画ネタを、改めて記事として落とし込んだものです。

今回の記事は、俺自ナルランキングとして、「6号機 良いとこ」を独自にランキングした内容となります。なお、今回のランキングは3個の項目を独自にランクインさせて頂きました。

第3位:下限設定

[概要]
出玉試験において下限割合が下記となった。

[ランクイン理由]
短期試験から長期試験の全てに下限が設けられたことで、吸い込みが緩やかになった。それに伴い、6号機の最高設定の機械割は下がったものの、安定度は増したと言えるので。

第2位:ヤメ時の明確さ

[概要]
5号機の頃のAT/ART機では、高確率やゾーンなどがあったため、ヤメ時は困難だったが、6号機では有利区間があるため、ヤメ時が明確になった。

[ランクイン理由]
有利区間がリセット(再セット)されたらヤメ(ATやCZ終了後に有利区間ランプが消灯し、再点灯したらヤメ)が基本的なヤメ時となり、分かりやすいので。

第1位:時間効率

[概要]
規約上、5号機では純増3枚が限界だったが、6号機になって4号機の頃のような本当の高純増AT機が可能となった。

[ランクイン理由]
高純増8枚タイプのAT機なら、閉店1時間前からでも打てて、かつ、取り切れるので。約300Gあれば完走可能。
※4.1秒ウェイト計算で、約20分で完走可能。

まとめ

6号機 良いとこ

第1位:時間効率
第2位:ヤメ時の明確さ
第3位:下限設定

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です