5号機と6号機の違いについて

5号機が徐々に撤去され始め、ホールの遊技機が全て6号機で埋め尽くされる「完全6号機時代」が近づいてきています。

今回は、5号機から6号機に移行した際に、何がどう変わったかを改めて見ていきたいと思います。ちなみに、5号機の中でも「旧基準機」「5.5号機」「5.9号機」と区分が分けられますので、時代に沿ってどのように変わったか簡単にまとめてみます。

(私の記憶を思い返した内容なので、相違があったりするかもしれません)

旧基準機

ペナルティ:可能
純増/1G:3.0枚まで
有利区間:概念無し
天井:搭載可能
AT/ART設定差:設けられる

主にAT機が真っ盛りな頃の基準です。押し順によるペナルティを設ける事で、「低ベース・高純増AT機」が可能となっていました。有利区間の概念はないものの、最大起点と呼ばれていた機械の一撃出玉性能として、3000枚が頻発しないような出玉計算(申請書類の「特定性能」と呼ばれる項目に記述)が義務となっていました。

5.5号機

ペナルティ:不可
純増/1G:3.0枚まで
有利区間:概念無し
天井:搭載可能
AT/ART設定差:設けられる

この頃からAT機を殺しに来たなと感じてました。押し順によるペナルティがNGとなったことにより、「低ベース・高純増AT機」が実質不可能になってしまいました。どの押し順でも均等に押し順ベル等の取得を可能にしないといけないので、「高ベース・高純増AT機」になってしまいました。

コイン持ちの良いAT機で長く遊べるメリットはありましたが、初当たりが必然的に重くなってしまったため、ゲーム性のバランスが難しく、AT機が廃れる要因ともなりました。

5.9号機

ペナルティ:不可
純増/1G:2.0枚まで
有利区間:1500G
天井:搭載不可
AT/ART設定差:設けられない

この頃になると、出玉管理はサブ基板からメイン基板へ完全に移行するようになります。また、指示モニタ(押し順の指示)や有利区間示唆が7セグなどに表示されるようにもなりました。

有利区間という概念が初めて登場した時代でもあり、出玉性能の上限がピタッと決められてしまった悲しい時代でもあります。大量上乗せをしたけど、有利区間を完走してしまったからリセットされる。

さらには、保険である天井の搭載が不可となったり、AT・ARTに設定差を設けることが禁止されたり、AT・ART機の夢が一気に無くなった5号機の中でも暗黒な時代とも言えます。

6号機

ペナルティ:不可
純増/1G:制限無
有利区間:1500G又は2400枚
天井:搭載可能
AT/ART設定差:設けられる

6号機が登場して歴史は浅いのでまだまだ何とも言えない状況ですが、1Gあたりの純増に制限が無くなったのは大きいかと思います。瞬発力があるということは、仕事帰りのサラリーマンの方にとっても勝負しやすくなるわけですしね。とは言え、試験方法の変更(後述)に伴い、またゲーム性のバランスも考慮すると、現実的な純増は3~8枚に落ち着くと思われます。

5.9号機との有利区間の違いとしては、「2400枚」という具体的な上限出玉の項目が追加設定されていることです。どんなに頑張っても1区間(有利区間突入)での一撃が2400枚MAXになってしまいます。とは言え、あくまでも一撃なので、「その台のその日の上限が2400枚までしか出ない」というわけではありません。一撃2400枚級の出玉の波を複数回作れれば、6号機でも万枚超えとかも可能です。

また、一時は搭載不可となった「天井」機能が復活となったのはかなり大きいかと思います。青天井のAT・ART機なんて誰も打ちたくないでしょうし、天井狙いが復活したことで、非稼働のまま放置される状況も減ることでしょうし、天井狙いの立ち回りが有効になります。

出玉試験の違い

5号機と6号機の違いについて見てきましたが、出玉試験も変わったのでそちらも見ておきましょう。以下に簡単な表でまとめてみました。

まず初めに、5号機の頃は短期試験(400G)・中期試験(6000G)・長期試験(17500G)の3つのカテゴリの試験しか無かったですが、6号機になってから「1600Gの試験」が追加されております。

試験方法が1段階増えるので、「6段階設定」×「4つの試験方法」で最大24パターンとなり、以前の最大18パターンより多めの出玉試験が適用されるので、単純に適合のしにくさは以前より増すと思われます。とは言え、攻めた機械を作る場合なので、必ずしも適合しにくくなるとは限りません。

次に下限を見てみると、5号機では長時間試験(17500G)における55%の縛りしかなかったですが、6号機では全ての試験において下限の縛りが設けられています。

これにより、吸い込みが以前より減り、娯楽(遊びやすさ)仕様に移行したと言えます。ある意味、遊技者的には財布が優しくなるような有難い下限設定ではないかと思います。

そして上限を見てみると、4つの試験方法全てにおいて、5号機より6号機の方が、上限が低くなっており、単純に6号機の方が出玉性能が低くなると言えます。

短期試験もシビアになることで、瞬発力のあるAタイプですら上限にひっかかる可能性が増すため、適合のしにくさも高まります。長期試験でみても、115%に上限が抑えられているため、6号機で万枚を出すには5号機で2万枚出すレベルの難易度になるでしょう。

まとめ

5号機と6号機の違いを見てみましたが、出玉性能は明らかに5号機より劣るのは間違いありません。とは言え、5号機と比べるとマイルドな出玉性能と安定性を兼ね備えたのが6号機の特徴にもなるでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です