FXで負け組から勝ち組になれたきっかけ

前回の記事では、「私がFXを始めたきっかけと当ブログの目的」についてお話をさせて頂きましたが、今回の記事では、「FXで負け組から勝ち組になれたきっかけ」についてお話をしていきたいと思います。

負け組から勝ち組への道のり

FXをやり始めた最初の頃は、まず初心者にやさしい書籍を購入し、専門的な用語や取引手法(ファンダメンタル手法・テクニカル手法)のイロハをある程度勉強し、理解することから始めました。

その後、いきなり本物の口座ではやらず、デモ口座で適当な売買をしてみて、取引の流れを把握していきました。デモ口座はリアルマネーが動くわけではないので、取引が上手くいったら「自分って才能があるかも!」と勘違いし、取引が上手くいかなかったら「本物じゃないからどうでもいい!」と痛さを感じないデメリットがあったと今では思います。

そして、FX取引を本物の口座でやり始めた最初の数か月間は、自分の単純な感覚(上がりそう・下がりそう)だけで取引をしていて、言わば、エントリーや決済のルールを全く考えていない、行き当たりばったりの取引をしていたので、損失を出すばかりでした。

「このままでは駄目だ!」と思い、しばらくの間取引を休止し、数十冊の専門書籍を読み漁り、FXチャートの分析や為替レートの記録をつけるようにするなど、色々と改善を試みました。

半年後には、自分の取引ルールや取引手法を確立できるようになり、今では安定した利益を出せるようになりました。

初期投資とその後の成果

私の場合、FXでの初期投資を50万円で開始しましたが、FXをやり始めた最初の半年間は、自己資金に見合わないハイレバレッジで取引をしており、ルールなども全くないような状況でした。

その為、勝ちより負けの方が多く、しかも、勝ち額は少なく負け額は大きいと、資金を減らす一方でした。結局、半年後には人生初のロスカット&追証をされるなどして、約55万円の損失を出してしまいました。

その後、再起をかけてFXの勉強をやり直し、チャート分析やデータ取りなど地道な作業をやり続け、半年後には自分の独自の取引手法や取引ルールを確立することが出来、新たな挑戦として、追加で50万円の資金を入れて再開しました。(計100万円の資金)

再起後は月単位でマイナスの月は一度も無くなり、毎月プラスを安定して叩き出せるようになりました。現状は、反省を活かして低レバレッジで取引をするようにしており、利益額こそ少ないかもしれませんが、pipsで見ると、毎月約300~500pipsほど得られるようになっています。

失敗と成功の理由

私のFX人生は、ビギナーズラックといったモノも無く、失敗から始まりました。

改めてその失敗の原因を挙げるならば、

・自分の取引スタイルとルールが不確定だった(非機械的だった)
・自己資金の管理が疎かだった(資金に見合わないハイレバレッジだった)
・メンタルの脆さ(勝ち負けに一喜一憂し過ぎで、感情的になり過ぎだった)
・データ取りやデータ検証をしてなかった(取引の根拠がなかった)

と言えるでしょう。

失敗を反省し、成功に変えた要因を挙げるならば、

・自分の取引スタイルとルールを確立させた(機械的になる)
・自己資金の管理を徹底する(資金に見合ったレバレッジで取引をする)
・メンタル強化(勝ち負けに一喜一憂しないこと)
・データ取りやデータ検証を日々おこなう(取引の根拠を生み出す)

と言えるでしょう。

総じて、失敗を糧に出来たからこそ成功に繋がったと思います。失敗の原因をしっかりと追究し、それに対して反省・改善をすることでFXは上手くなるでしょうし、途中で退場せず、FXという世界に居続けられることが成功への道ではないかと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です