ドマ式麻雀での立ち回り5(守りの5大手法)

前回までの記事では「守りの重要性」「守りの実践法」について解説しました。詳細は、以下のURLを参考にしてみてください。

参考: ドマ式麻雀での立ち回り3(守りの重要性)
参考: ドマ式麻雀での立ち回り4(守りの実践法)

今回の記事では、一般麻雀でもドマ式麻雀でも通用する「守りの5大手法」について解説していきたいと思います。

守りの5大手法

守りをおこなう手法は、大きく分けると5つに分類されるかと思います。

守り手法1 : 現物
守り手法2 : スジ
守り手法3 : 壁
守り手法4 : 色読み
守り手法5 : 一点読み

各守り手法について詳しく見ていきましょう。

守り手法1 : 現物

「現物」とは、河に捨てられた牌のことで、この河に捨てた牌が上がりの待ち牌になる場合、ロン上がりすることは出来ないルールになっています。

「現物」は、ある意味100%の安全牌とも言え、絶対防御になる牌でもあります。

相手からリーチがかかった場合、相手の河に捨ててある牌が「現物」となるので、守りたいときには第一優先で切りたい牌でもあります。

守り手法2 : スジ

「スジ」とは、「1・4・7」「2・5・8」「3・6・9」のことで、麻雀での待ちとして多く見られる「両面待ち」「多面待ち」をしている相手を回避する手法でもあります。

仮に、リーチ者の捨て牌に「4萬」が捨てられていた場合、リーチ者が両面待ちの形「2萬・3萬」の「1萬」「4萬」で待っていた場合、フリテンになるので、ロンされることはありません。(フリテンでのロン上がりは出来ませんが、フリテンでのツモ上がりは出来ます。)

裏を返すと、リーチ者が両面待ちをしているなら、リーチ者の捨て牌の「スジ」牌は安全牌になりやすいと言えます。「現物」がない場合は、「スジ」で守るのが良いでしょう。

守り手法3 : 壁

「壁」とは、自分の手配や相手の河(捨て牌)において、同じ牌が3枚か4枚見えている時に有効となる防御壁となる手法の事です。

仮に、自分の手配と相手の河において、「8萬」が4枚見えていたとします。この状況の時、「9萬」の利用価値はとても低く、対子(2枚)か暗刻(3枚)で持たれている、もしくは牌山に眠っている可能性が高まります。

もし自分が「9萬」を暗刻(3枚)で持っているのなら、安全牌になる可能性がかなり高まります。

「現物」も「スジ」もなければ、「壁」を利用するのはありでしょう。

守り手法4 : 色読み

「色読み」とは、相手の待ちの種類を特定し、その種類以外は無視する手法です。

麻雀には、「萬子」「筒子」「索子」「字牌」の4種類がありますが、国士無双の13面待ちを除くと、最大2種類の待ちしかできません。裏を返すと、2種類は安全牌になり得るという事です。

相手の捨て牌の情報を基に、「この切り方ならこの種類の待ちは薄そうだな」とか、ある程度絞り込むことが出来ます。特に、染め手に走っている場合は有効です。

とは言え、「色読み」に絶対は無いので、「現物」「スジ」「壁」に比べると、安全度は低いのも事実です。

守り手法5 : 一点読み

「一点読み」とは、相手の待ちそのものを特定し、それ以外は無視する手法です。

正直、「一点読み」はかなりの上級者でもピンポイントで絞り込むのは困難です。局の終盤や相手が鳴きを沢山入れている状況で、ようやく絞り込める感じでしょう。

序盤は、「一点読み」の待ち候補を1つだけでなく、複数の待ち候補を用意しておき、局が進むごとに情報も増えていくので、候補が絞れていく流れです。

「一点読み」はハマったときは最強の防御になり得ますが、間違えたときに諸刃の剣になるので、守る手法が他に何も無いときに取る手法にしとくのが良いでしょう。

まとめ

「守りの5大手法」は、守りが重要な麻雀において基礎的な守備方法でもあります。

守備の強さは、
「現物 > スジ > 壁 > 色読み > 一点読み」 と言えるでしょう

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です