ドマ式麻雀のレート変動について

ドマ式麻雀には「レート(Rate)」と呼ばれる数値が実装されており、ドマ式麻雀を初めて遊ぶ際には、初期値1500からスタートします。

このレートですが、1回の半荘が終了した際に、最終的な着順に応じてプラスマイナスされますが、毎回同じ変動値ではありません。

今回は、このドマ式麻雀におけるレート変動に関して、「どのような条件でレートが変動するのか?」を、推測を含めてお話ししていきたいと思います。

レート変動の基礎値

半荘終了時の着順に応じて点数(レート)のやり取りをするルール(通称「ウマ」)をドマ式麻雀でも採用していると思われ、ドマ式麻雀ではワンスリー(10,30)が基礎値になっているかと思います。

1位:+30P(レート)
2位:+10P(レート)
3位:-10P(レート)
4位:-30P(レート)

レート変動の補正値

レート変動の基礎値だけでなく、同卓メンバー(自分と対戦相手)の平均レート値を考慮した補正値が存在しているかと思われます。

補正値の計算式(※推測での計算式となります)

補正値 = (同卓メンバーの平均レート値 – 自分のレート値) ÷ 50

例1:同卓メンバーのレートが全員同じの時

自分:レート1500
A氏:レート1500
B氏:レート1500
C氏:レート1500
だった場合

同卓メンバーの平均レート値は、
(1500 + 1500 + 1500 + 1500) ÷ 4 = 1500
となります。

よって、補正値は、
補正値 = (1500(同卓メンバーの平均レート値) – 1500(自分のレート値)) ÷ 50 = 0
となり、補正値は0(補正なし)となります。

最終的な着順に応じた自分自身のレート変動値は以下になるかと思います。

1位:+30P(基礎値30P + 補正値0)
2位:+10P(基礎値10P + 補正値0)
3位:-10P(基礎値-10P + 補正値0)
4位:-30P(基礎値-30P + 補正値0)

例2:同卓メンバーのレートが格上の時

自分:レート1500
A氏:レート1600
B氏:レート1700
C氏:レート1800
だった場合

同卓メンバーの平均レート値は、
(1500 + 1600 + 1700 + 1800) ÷ 4 = 1650
となります。

よって、補正値は、
補正値 = (1650(同卓メンバーの平均レート値) – 1500(自分のレート値)) ÷ 50 = 3
となり、補正値は3(プラス補正)となります。

最終的な着順に応じた自分自身のレート変動値は以下になるかと思います。

1位:+33P(基礎値30P + 補正値3)
2位:+13P(基礎値10P + 補正値3)
3位:-7P(基礎値-10P + 補正値3)
4位:-27P(基礎値-30P + 補正値3)

例3:同卓メンバーのレートが格下の時

自分:レート1800
A氏:レート1700
B氏:レート1600
C氏:レート1500
だった場合

同卓メンバーの平均レート値は、
(1800 + 1700 + 1600 + 1500) ÷ 4 = 1650
となります。

よって、補正値は、
補正値 = (1650(同卓メンバーの平均レート値) – 1800(自分のレート値)) ÷ 50 = -3
となり、補正値は-3(マイナス補正)となります。

最終的な着順に応じた自分自身のレート変動値は以下になるかと思います。

1位:+27P(基礎値30P + 補正値-3)
2位:+7P(基礎値10P + 補正値-3)
3位:-13P(基礎値-10P + 補正値-3)
4位:-33P(基礎値-30P + 補正値-3)

半荘終了時の点数状況での補正

一般の麻雀では、「半荘終了時に70000点持ちの1位」と「半荘終了時に30000点持ちの1位」とでは、最終的な点数がそのままプラス加算されるので、より多くの点数を稼いだ、「半荘終了時に70000点持ちの1位」の方が良いです。

しかし、ドマ式麻雀では、「半荘終了時に70000点持ちの1位」と「半荘終了時に30000点持ちの1位」のどちらも、「1位でのレート基礎値+30P」が加算されるだけで、純粋な着順しか見ておらず、最終的な点数はレートに影響してないかと思われます。

まとめ

ドマ式麻雀におけるレート変動は、同卓メンバーの平均レートに依存すると言えそうです。

同卓メンバーの平均レートが格上:プラス補正が入る
同卓メンバーの平均レートが同等:ほぼ補正なし
同卓メンバーの平均レートが格下:マイナス補正が入る

Follow me!

ドマ式麻雀のレート変動について” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です