ドマ式麻雀と一般麻雀の違いについて

ドマ式麻雀と一般麻雀とでは、着順による恩恵が違ってきます。この着順による恩恵の違いが一般麻雀を打つ方には慣れない要素でしょうし、私自身も最初は慣れませんでした。

多少無理してでも1位を狙うのが一般麻雀だとすれば、無理に1位を狙わなくともよいのがドマ式麻雀とも言えるでしょう。

ざっくりではありますが、ドマ式麻雀と一般麻雀における着順による恩恵の違いを以下にまとめてみます。

ドマ式麻雀

オカ

一切なし

※オカについては、一般麻雀を参照してください

ウマ

ゲーム終了時の着順に応じて点数のやり取りをするルールの事ですが、ドマ式麻雀では「ワンスリー(10,30)」を基本的に採用していると思われます。

ただ、ドマ式麻雀では「レート(Rate)」と呼ばれる数値が各プレイヤーに付与されており(初期1500)、ドマ式麻雀の結果次第で変動していく仕様です。また、そのレート次第で、ウマである「ワンスリー(10,30)」に補正が入ると思われます。

同卓メンバーのレートが全員同じだった時

1位:+30P(レート)
2位:+10P(レート)
3位:-10P(レート)
4位:-30P(レート)

が最終的な結果としてレート変動します。

※ドマ式麻雀における詳細なレート変動については、公式サイトに記載されておりませんが、推測含めた部分など、次回以降の記事で書こうと思ってます。

段位

ウマと同じようなシステムを用いて、レート変動以外にも「段位」を変動させる仕様もあります。こちらの「段位」変動については公式サイトに記載されてますので、画像のみを添付しておきます。

ドマ式麻雀段位変動

Copyright (C)2010-2019 SQUARE ENIX CO.,LTD. ALL Rights Reserved.

総じて、ドマ式麻雀では1位を無理に取る必要はなく、2位や3位でも良いといった立ち回りが出来ます。

一般麻雀

オカ

25000点持ちの30000点返し(最終的に30000点を原点として計算する方法)
⇒4人分×5000点=20000点の余剰分が1位に与えられ、1位の恩恵にもなります。

最終的な点数状況が以下の場合

Aさん:40000点
Bさん:30000点
Cさん:20000点
Dさん:10000点
(※4人の合計点数100000点)

オカありでは、1位に余剰点数の20000点が与えられるので、

Aさん:60000点
Bさん:30000点
Cさん:20000点
Dさん:10000点

となり、30000点を原点として最終的な点数状況を算出すると、

Aさん:+30000点
Bさん:0点
Cさん:-10000点
Dさん:-20000点

となります。

1位は問答無用で特別な点数がもらえるので、オカあり麻雀=1位を目指すゲームとも言えます。

ウマ

ゲーム終了時の着順に応じて点数のやり取りをするルールの事です。

「ワンツー(10,20)」と呼ばれるウマ制度だと、

1位:+20000点
2位:+10000点
3位:-10000点
4位:-20000点

が最終的な点数に加算されます。

最終的な点数状況が以下の場合

Aさん:40000点
Bさん:30000点
Cさん:20000点
Dさん:10000点
(※4人の合計点数100000点)

ワンツー(10,20)のウマを加味すると、

Aさん:60000点
Bさん:40000点
Cさん:10000点
Dさん:-10000点

となります。

一般麻雀でのポイント算出

「25000点持ちの30000点返しのオカあり」「ワンツー(10,20)のウマあり」の時

最終的な点数状況が以下の場合

Aさん:40000点
Bさん:30000点
Cさん:20000点
Dさん:10000点
(※4人の合計点数100000点)

オカありなので、1位に余剰点数の20000点が与えられるので、

Aさん:60000点
Bさん:30000点
Cさん:20000点
Dさん:10000点

となり、30000点返し(30000点が原点)なので、

Aさん:+30000点
Bさん:0点
Cさん:-10000点
Dさん:-20000点

となり、ワンツー(10,20)のウマ分を最後に加算すると、

Aさん:+50000点
Bさん:+10000点
Cさん:-20000点
Dさん:-40000点

となります。

最終的な上記の点数をポイントとすると、

Aさん:+50P
Bさん:+10P
Cさん:-20P
Dさん:-40P

となります。

総じて、一般麻雀では1位を取ると恩恵が大きいため、必然的に1位を積極的に狙うのが当たり前になってきます。

まとめ

ドマ式麻雀には、レート変動要素であるウマ(10,30)がありますが、30000点返しのオカは一切ないので、最終的に高着順(1位,2位)を取ることが重要となります。また、段位ポイントが変動しない3位でも最悪問題なしといった立ち回りもOKとなります。

一方の一般麻雀には、ウマ(10,20や10,30など様々)があり、30000点返しのオカもあるので、1位を取ることが最重要となります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です