閉店時間を考慮した立ち回りについて

皆さんがよく通うホールの閉店時間はどういった感じでしょうか?

地域によって閉店時間は異なるかと思いますが、22:30~23:00に閉店するホールが多いかと思います。今回は、この閉店時間を考慮した立ち回りについて考察していきたいと思います。

閉店までに回せる回転数を考慮する

閉店時間を考慮した立ち回りにおいて一番気にするべき要素として、「今から打って何G回せるのか?」です。そして、「回せるG数に応じて期待値がプラスになるか?」も重要です。

パチスロの規則において、「遊技機が、最小遊技時間(一回の遊技に要する最小の時間は、4.1秒以上)未満で一回の遊技を終了することを可能とする性能を持つものである場合には、遊技の公正を害する調整を行うことを可能とする性能を持つものであると解するため、本規定に抵触する」

とあります。規則の内容は一部省略してますが、まとめると「1Gで4.1秒のウェイト」を持ちましょうということです。 この事を踏まえ、時間毎に回せる回転数を簡単にまとめてみます。

時間毎に回せる回転数

時間毎回転数

閉店時間を考慮した立ち回り例

以下の3パターンの状況を例にして、閉店時間を考慮した立ち回りについて見ていきます。

<前提>
22:00に以下の台が空いており、閉店時間は22:30とします。

① AT・ART機(ここではミリオンゴッド神々の凱旋)で1000Gの台
② AT・ART機(ここではミリオンゴッド神々の凱旋)で1200Gの台
③ AT・ART機(ここではミリオンゴッド神々の凱旋)で1300Gの台

※天井は1480G+前兆を考慮し、1500Gで発動すると想定します。また、途中で当たることも当然ありますが、ここでは途中当たりは考慮せず、あくまで天井到達だけの期待値のみで考えることにします

まず「天井に到達可能か?」を考える

①~③に共通して言えることは、閉店までに回せる猶予時間は30分なので、最大439回転回せます。「今から打って天井に到達可能か?」という判断を基にすると、

①の台:1000+439=1439なので、天井に到達できない
②の台:1200+439=1639なので、天井に到達できる
③の台:1300+439=1739なので、天井に到達できる

ので、②と③のみが打てる条件を満たします。

次に「期待値がプラスになるか?」を考える

次に考えるのは、無事に天井到達したものの、「期待値がプラスになるか?」です。通常プレイで投資した分のメダルが、残りのATプレイでそれ以上に回収できるかどうかが重要となります。

千円当たりのベースを25G/1Kと考えた時、天井到達までに必要な資金は、②の台においては、

1500-1200=300G(通常プレイ数)となり、600枚(12000円)必要となります。

天井到達後の得られる出玉において、80%ループの当せんも考慮して、平均3セット(AT300G)の恩恵があると想定しますが、

439-300=139G(ATで回せるプレイ数)となり、純増3.0/Gなので、417枚(8340円)の見返りとなります。

投資と回収から収支(期待値)を計算すると、

417枚(回収) – 600枚(投資) = -183(-3660円)となり、期待値はマイナスになるので、打つ価値はなしとなります。

同様な考え方で③の台の期待値を計算すると、

投資:1500-1300=200(通常プレイ数)となり、400枚(8000円)必要
回収:439-200=239(ATで回せるプレイ数)となり、717枚(14340円)の見返り
収支(期待値):717-400=317(約6340円) となり、期待値はプラスになるので、打つ価値ありとなります。

パターン①~③の台の期待値

パターン①~③の台の期待値をまとめると以下の様になります。

パターン①の台は、そもそも閉店までに天井到達できないので打つ価値はありません。

パターン②の台は、天井到達できるものの、通常プレイでの投資分をATプレイで回収できないので、こちらも打つ価値がないことが分かります。

パターン③の台は、天井到達でき、通常プレイでの投資分をATプレイで回収できるので、打つ価値があると分かります。

閉店時間を考慮した立ち回りまとめ

閉店時間を考慮した立ち回りまとめると、

■閉店時間までにどれだけの回転数を回せるかを事前に考慮する
■通常プレイ(投資)とATプレイ(回収)のバランスを加味して期待値がプラスになるかを考慮

と言えます。 補足として、会員カードを持っていれば時間の延長(10分延長など)が可能なホールもあるかと思いますので、閉店前の立ち回りの際には有効活用するとよいかもしれません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です