「0,0(ゼロゼロ)」の宵越し狙いについて

皆さんは「0,0(ゼロゼロ)」という概念をご存知でしょうか?

「0,0(ゼロゼロ)」とは、当日のデータカウンタにおいて、大当たり&小当たりのデータカウンタがどちらも0(ゼロ)で、言わば、当日「当たっていない」ことを意味します。

また、「0,0,0(ゼロゼロのゼロ)」とは、当日「当たっていない」事に加えて、現在のプレイ数も0(ゼロ)で、言わば、「朝一の状態」を意味します。

この事を踏まえて、「0,0(ゼロゼロ)」の状況を活用した立ち回りである、「宵越し狙い」について紹介します 。

宵越し狙い例

状況

天井ゲーム数が1024G、連チャンゾーンが128Gまでの台で、

①「1,0,512(1ゼロの512)」
②「0,0,512(ゼロゼロの512)」

が空いていたとします。

①と②どちらがお得か?

データカウンタを見てぱっと分かる事は以下の情報です。

■①の台は当日既に当たっており、天井までの遊技数は純粋に512Gである。
■②の台は当日の当たりが無く、天井までの遊技数は512G -「α」である。

①が据え置きの場合

「据え置き」でも当日既に当たっているので、天井までのゲーム数は、現在のゲーム数そのままになります。よって、天井までの遊技数は[1024G(天井G数) – 512G(当日G数) = 512G]となります。

①がリセットの場合

「リセット」でも当日既に当たっているので、天井までのゲーム数は、現在のゲーム数そのままになります。よって、天井までの遊技数は[1024G(天井G数) – 512G(当日G数) = 512G]となります。

②が据え置きの場合

前日連チャンゾーン(128G)まで回されて放置されている可能性が高いので、当日分(512G)と合わせて内部的には640Gになっており、天井までの遊技数は[1024G(天井G数) – 512G(当日G数) – 128G(前日G数) = 384G]と想定できます。

※もし前日閉店時のヤメG数を知っていれば、それが「α」となります。

②がリセットの場合

天井までの遊技数はリセットされるので、「α」=0となり、①と同じ状況になります。よって、天井までの遊技数は[1024G(天井G数) – 512G(当日G数) = 512G]となります。

お得なのは・・・

上記の事から、②の状況の台を打った方が宵越しの「α」部分に期待できるので、天井までの投資金も減り、期待値が高くなることが分かります。

宵越し狙いが有効となる状況

まず宵越し狙いが有効となる時間帯は、各ホールの稼働状況にもよりますが、昼過ぎ~夕方にかけてと言えるでしょう。

特に、据え置き(設定変更をしない)が多いホールにおいて、「0,0(ゼロゼロ)」台は、お宝台に変貌する可能性があります。また、前日のヤメG数をチェック(閉店チェック)することで、より期待値が高い状況で打てる可能性も高まり、勝利UPに繋がるでしょう。

ただし、毎回リセット(設定変更)をするようなホールでは、宵越し狙いが通用しないので注意が必要です。

おまけ

最後におまけとして、ミリオンゴッド(神々の凱旋)を例にした、宵越し狙いをまとめてみます。

GOD凱旋宵越し狙い

台番号A~Dが上記のような状況だとします。

前日のヤメG数を把握していない場合

期待値の高さ : A = B > C = D

A,Bは前日のヤメG数は分からないものの、前日に「α」分のゲーム数が回されている可能性があり、据え置きの場合、天井までのG数がC,Dより短かい可能性があります。また、A,Bはリセットでの天井短縮の可能性もあります。

一方のC,Dは、既に当日に当たりを引いているので、前日のヤメG数は全く関与せず、天井までのG数は現在のG数がベースとなります。

前日のヤメG数を把握している場合

期待値の高さ : B > A > C = D

A,Bは前日のヤメG数を分かっており、前日に「α」分のゲーム数が回されていて、据え置きの場合、天井までのG数がC,Dより短かく、Bが一番天井まで近く、次にAが近い。また、A,Bはリセットでの天井短縮の可能性もあります。

一方のC,Dは、既に当日に当たりを引いているので、前日のヤメG数は全く関与せず、天井までのG数は現在のG数がベースとなる。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です