パチスロにおける低貸のススメ

昨今のパチンコ・パチスロホールにおいて、以前と比べると低貸コーナーを設置しているホールの数は年々増えてきており、「1スロ」「2スロ」「4スロ」「5スロ」「10スロ」など、様々なレートの低貸コーナーも増えてきています。

一般的に低貸と言えば、「負け額・勝ち額共に少ない」「少ない投資金で長く遊べる」というのが、「20スロ」と比べた場合の大きな違いでしょうか。言わば、ローリスクローリターンとも言えます。

低貸表

オススメな理由

低貸をススメたい理由は、「少ない投資で長く遊べる」「負け額が少ない」といった、「負け前提の発想」ではなく、単純に「勝ちやすい」状況にあるからです。

以下に、低貸が「勝ちやすい」理由をいくつか挙げてみます。

■20スロに比べて、打ち手のレベルが低いので、おいしい台が落ちやすい
■20スロに比べて、ライバルが少ない
■20スロに比べて、リスクが小さいので、天井狙いのボーダー等を甘めにできる
■20スロに比べて、ホールの扱いがゆるい(据え置き多数など)

これらの事から、低貸は20スロと比べても「パラダイス」な状況なので、「オススメ」できる穴場と言えますし、20スロしか興味がないという、食わず嫌いはもったいないです。

また、よく低貸で、大量のメダルを出した際に、「万枚だしたけど、なんだかなぁ」「20スロだったらなぁ」とか言う方がいますが、ナンセンスな発言だと言えます。

パチスロで勝利する上で重要な「期待値」を得る(追う)行為を理解しているならば、20スロでも低貸でも勝つ為にやる事は変わらないですし、レートの違いで一喜一憂することも無くなるでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です