パチスロにおける換金ギャップについて

パチスロにおける一連の流れとして、打つ台を決めたらコインサンドに現金を入れてメダルを借りる。最終的に出したメダルをジェットカウンター又は自動計数機で計数し、ホールカウンターで特殊景品と交換し、その特殊景品を特殊景品交換所に持っていって現金に変えるというのが当たり前の事となっています。

この当たり前の行為の中に潜んだ「換金ギャップ」というものを考慮する事も、パチスロで勝つうえで重要になってきます。以下に「換金ギャップ」についてまとめてみます。

換金ギャップまとめ

換金ギャップ表

上記表を見てお分かりの通り、換金率が高くなる(悪くなる)程、メダル1枚当たりの価値は下がります。また、多くのメダルを出した場合の換金時の金額も減っていきます。

とは言え、換金率が高い(悪い)からといって、それ自体がマイナスということもありません。換金率が高い(悪い)ホールほど、換金ギャップを利用した利益を基に、高設定を使う(使える)可能性が高まるので、高設定狙いが可能になります。

ただ、その一方で、持ちメダル遊技になるまで初期投資が増えると、換金ギャップで苦しめられることも多くなるので、AT/ART機のような機種を打つ場合には注意が必要になってきます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です