パチスロで勝つ立ち回りは2パターン

パチスロで勝つ立ち回りは、「設定狙い」「ハイエナ」の2パターンと、非常にシンプルです。以下に、2パターンの立ち回りについて説明していきます。

設定狙い

パチスロには、勝利に欠かせない要素として、「設定」というものがあります。規則的に6段階まで持つことが可能になっております。ほとんどの機種が「1」~「6」の6段階、又は、「1」~「4」の4段階で設計されており、設定の数値が高いほど「機械割(出玉率)」が高くなります。「機械割(出玉率)」が高い、いわゆる「高設定」を打つことが勝利のカギとなるのです。

設定表

ハイエナ

ハイエナ」という言葉は少し汚いかもしれませんが、パチスロで勝つ上では必要な行為となります。ハイエナとは主に、「天井やゾーン」を搭載している機種で有効となり、設定不問で期待値を得る行為とも言えます。

設定不問ということは、低設定でも狙い打てるチャンスがあり、万年回収のホールでも、上手く立ち回れば勝てるようになるということです。ハイエナできるような期待値がある台を、我慢強く空くのを待ったり、色々なホールに足を運んだりと、それなりの自己抑制力と努力は必要です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です